今回はWordPressに関する話題です。

 

1つ前のバージョンである「WordPress 4.7.1」に
セキュリティ上の脆弱性が見つかったということなので、
できるだけ早く「WordPress 4.7.2」にバージョンアップしたほうが
いいそうです。

 

1つ前のバージョンとなるWordPress 4.7.1に存在するとされている脆弱性は次のとおり。

・カスタム投稿タームを設定するユーザーインタフェースが権限を持っていないユーザーにも表示されてしまう
・安全ではないデータが渡された時にWP_QueryがSQLインジェクション攻撃を受ける可能性がある
・ポストリストテーブルに存在するクロスサイトスクリプティングの脆弱性

攻撃者は遠隔からこれら脆弱性を悪用して、影響を受けたサイトの制御権を乗っ取ることができるとされている(マイナビニュース)

 

僕のブログもすでにバージョンアップしました。

WordPressは今や世界のウェブサイトの27%をこえるシェアを持っています。

アフィリエイトを実践している人も
WordPress利用者が多いのではないでしょうか?

一般企業でも記事更新の手軽さから利用者が増えているようです。
利用者が多いものはサイバー攻撃の対象になりやすいので、
WordPress本体だけでなく、プラグインなども最新版を使うことが望ましいです。

 

ただ、更新前にはバックアップをお忘れなく(^o^)

僕はまだバックアップのお世話になったことがないですが、
定期的なバックアップは大事ですよ。

 

 

 

今回は珍しく個人的なことを書きたいと思います。

 

今日はこどもの授業参観でした。

イクメンなんて言葉が流行りパパである自分が
授業参観できるなんてとてもいい時代ですよね。

10年くらい前だったら、
パパが仕事休んで授業参観に行くなんて少数だったと思います。

昔だったら「授業参観で会社を休みます」なんて言ったら白い目で見られてました。

今の会社ではまったくそんな雰囲気はなくて、本当に休みやすくなったと思います。

会社の雰囲気もですが、社会の雰囲気もよくなっていると思います。

 

でもその一方で全然休めない人たちもいると聞きます。
先日Twitterでやりとりした人なんかは、
「子供のために休むなんて会社に言えない」とつぶやいていました。

自分は恵まれているんだな、と思います。

ありがたいですね(^^)

 

でも実際に行ってみると、パパは僕一人でした。

あれイクメン達は?
平日はなかなか来れないってことかな?

先生も全員女性なので、成人男性は僕だけ・・・。

内容は「いのちの授業」。

家で奥さんと「いのちの授業」ってなんだろうね?って話していたけど、
つまりは「子どもたちはどうやって生まれてきたのか」ということでした。

「卵子とは・・・」って話を先生が始めたときはさすがに居づらかったです(^_^;)

パパたちが来ない理由がようやく分かったかな(´・ω・`)