レンタルサーバーとは、データを保存する場所のことです。外部にある24時間稼働しているパソコン、といった感じでしょうか。ドメインが住所ならサーバーは「土地」といったイメージです。自分のブログを持つにはドメインという住所だけでなく、土地となるサーバーも必要になります。レンタルサーバーの種類には共用サーバーと専用サーバーがあります。専用サーバーは名前のとおり自分専用でサーバーを使うので費用の面で割高です。通常は割安な共用サーバーを使います。

 

レンタルサーバーもいろいろな種類がありますが、サーバー容量・使用料金を考えますと、オススメなのはエックスサーバーです

僕が使っているのももちろんエックスサーバー。

xserver16

 

 

今回は、エックスサーバーの契約方法とドメインの反映方法を解説します。

 

 

 

申し込み方法

 

まずはこちらからエックスサーバーのホームページに移動してください。
エックスサーバー

 

 

メニューにある「お申込み」をクリックしてください。

xserver01

 

 

 

下図のような画面に移動しますので、「お申込みフォーム」をクリックします。

xserver02

 

 

 

「初めてエックスサーバーをご利用の方」の「サーバー新規お申込み」をクリックします。

xserver03

 

 

 

ユーザー情報を入力し、利用規約を一読して問題がなければ、「お申込みの内容の確認」をクリックして入力内容の確認の上申し込みをしてください。

xserver04

 

 

 

すると下図のようなメールがエックスサーバーから届きます。

xserver05

 

 

 

ドメインの反映方法

 

エックスサーバーのインフォパネルにログインしてください。

次にサーバーパネルの下の「ログイン」をクリックします。

xserver06

 

 

 

「ドメイン設定」をクリックしてください

xserver07

 

 

 

「ドメインの追加設定」をクリックしてください。

xserver08

 

 

 

下図のような画面に移動しますので、取得したドメインを入力し、「ドメインの追加(確認)」をクリックしてください。

xserver09

 

 

 

ドメインの確認画面がでますので、問題がなければ、「ドメインの追加(確定)」をクリックしてください。

xserver10

以上でエックスサーバーへのドメインの追加は完了です。それでは次に、ドメインのネームサーバー設定をしていきましょう。

 

 

 

 

 

●ドメインのネームサーバー設定とは
サーバーにドメインを追加しただけでは「サーバー側にはどのドメインが追加された」のかが分かりますが、「ドメイン側にはどのサーバーに入っている」のかが分からない状態です。

そのため、ドメインがどのサーバーに入っているのかを設定することを「ネームサーバー設定」と言い、これをすることで「ドメインとサーバーをリンク」させることができます。

 

 

 

もう一度サーバーパネルのトップに戻り、アカウントの中にある「サーバー情報」をクリックしてください。

xserver11

 

 

 

すると、下図のような画面に移動しますので、「ネームサーバー」の情報を全てメモ帳にコピーします。

xserver12

 

 

 

ドメインはバリュードメインで取得した前提で進めていきます。

バリュードメインの左サイドバーにある「ドメイン」の「ドメインの設定操作」をクリックしてください。

xserver13

 

 

 

追加したドメインの横にある「ネームサーバー」をクリックします。

xserver14

 

 

 

すると、下図のようにネームサーバーを入れる欄がありますので、先ほどメモ帳にコピーしたネームサーバー情報を全て入力した上で、「保存する」をクリックしてください。

xserver15

 

 

 

以上でネームサーバーの設定は完了です。