ワードプレスとは、無料で提供されているブログ作成システムです。
難しい専門知識がなくても簡単に自分だけのブログを作ることができます(とはいえ無料ブログと比べれば知識が必要です)
これをレンタルサーバーにインストールすることで、自分だけのオリジナルブログを作ることができます。ドメインが住所・サーバーが土地とすれば、ワードプレスは「建物」のイメージでいいと思います。
ワードプレスはテンプレートやプラグインをインストールすることでカスタマイズが可能です。そして運営システムが共通のためスキルとして身につけるとあなたの強みになります。テンプレートは無料のものもありますが、有料のものを使えばデザインがよくて検索エンジン対策がされているものが手に入ります。
サーバーのところでも書きましたが、エックスサーバーならインストールも容易です。

今回は、エックスサーバーにワードプレスを自動でインストール方法を解説します。

wordpress12

 

 

インストール方法

 

まずは、エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

wordpress01

 

 

 

「設定対象ドメイン」より、ワードプレスをインストールしたいドメインを選択してください。

wordpress02

 

 

 

ドメインを選択しましたら「設定する」をクリックします。

wordpress03

 

 

 

「ホームページ」の中にある「自動インストール」をクリックしてください。

wordpress04

 

 

 

「プログラムのインストール」をクリックします。

wordpress05

 

 

 

すると下図のような画面に移動しますので、「WordPress 日本語版」の隣りにある「インストール設定」をクリックしたください。

wordpress06

 

 

 

各項目を入力してください。

wordpress07

●インストールURL
メインサイトとして使用したいURLとなっているかどうかをご確認ください。

●ブログ名
あなたのサイトのタイトルを入力してください(あとで変更することができます)

●ユーザ名
ワードプレス管理画面にログインするときのユーザー名を入力してください。(あとで変更することができます)

●パスワード
ワードプレス管理画面にログインするときのパスワードを入力してください。(あとで変更することができます)

●メールアドレス
ワードプレスで使用したいメールアドレスを入力してください。(あとで変更することができます)

●データベース
「自動でデータベースを生成する」にチェックが付いていることをご確認ください。

以上を入力し終わりましたら、「インストール(確認)」をクリックします。

 

 

 

下図のように、インストールの確認情報が出てきますので、問題なければ「インストール(確定)」をクリックしてください。

wordpress08

 

 

 

すると、以下のような画面に移動しますので赤枠で囲ってあるURLをクリックし、ワードプレスのログイン画面に移動しましょう。

wordpress09

 

 

 

ユーザー名・パスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

wordpress10

 

 

 

すると、下のような画面が出てきます。これがワードプレスの管理画面になりますので、ブックマークしておきましょう。

wordpress11

 

 

 

以上でワードプレスのインストールは終了です。