kyohi

 

先日ある方よりメールを頂いたのですが、
「これは受け入れられない」と思ったので記事にします。

 

その方が不快にならないといいのですが(・・;)
決してその方を批判しているというわけではなく、
僕のブログの読者に情報を共有したいだけです。

 

 

 

僕がどういう部分を「受け入れられない」と思ったのか

 

初対面でいきなりお願いしてしまうところ

 

その方とはリアルでもブログ上でも
一切関わったことがありません。
なのでそのメールで初めて知りました。

 

メールの内容は、
「自分の作ったブログをあなたのブログで紹介してほしい」
というものでした。
「紹介してくれたら特典としてこちらのブログでも紹介します」
とも書いてありました。

 

メールの文章は表面上とても丁寧で、
相手を不快にさせる内容ではないのですが、
僕はこの方とは合わないと思い、
丁重にお断りさせていただきました。

 

一見すると損することはないので、
紹介してもいいように思います。

 

ただ、僕の作っているブログは、
本当にいいと思ったことだけを
書いていこうと思って更新しています。
その人がどういう人か分からないのに、
紹介することはできません。

 

言葉は悪いですが、
その方がもし詐欺師だったとしたら、
それを紹介した僕の信用も落ちてしまうのですから(T_T)

 

 

 

どういった行動をすれば受け入れられるのか

 

先に信頼関係を作っておくこと

 

何回かやり取りをした後に、
信頼できると判断した人のブログなら紹介しました。

 

僕がブログの読者に紹介していいかを判断するには、
それなりの時間がかかります。

 

相手のことを知るのには、
時間が必要なのだと思います。

 

あとは、その人が僕のことをよく知っているわけでもないようです。
誰に向けてでも書けるような定型文でしたし。
たいして僕のブログを読んでいないことは、
アクセス解析でも分かってしまうんですよ(-_-)

 

 

まず先に与えること

 

「紹介してくれたら特典としてこちらのブログでも紹介します」
と書いてあるように、
こちらが紹介したら自分も紹介するというスタンスでした。

 

これがもし、
「あなたのブログを紹介したので、私のブログを紹介してもらえませんか?」
というメールだったらOKした可能性が高いです。

 

単なる順番の違いのように見えますけど、そこが大事なんですよ。
自分がしてほしいなら、まずは自分からしてあげること。
情報発信をする立場の人の当然の姿勢だと思います。

 

なぜ先に与えてもらおうとするのか?その考え方に疑問を感じます。

 

 

 

まとめ

 

  • 先に信頼関係を作っておく
  • 自分が先に与えるという姿勢が大切

 

「お願い」のやり方がちょっと違うだけなんですけどね…。

 

お断りした理由は、ほんの些細なことだと思います。
僕が気にしすぎなのかな?とも思っています。
気にならない人には気にならないことだと思いますし。
でも僕はこの手の人を受け入れられないようです(^_^;

 

ただ、情報発信をするなら、
相手は何をされたら嫌がるだろう
ということを想像することは大事だと思います。

 

 

 

追伸

お断りする内容のメールを送信したところ、
普通に返信がありました。
悪い人ではなさそうなだけにもったいない…

 

 

 

クリックお願いします↓いいことあるかも!?

saya_nurse