この記事を読む前に、
前回の記事を読んでいただくと、
より文章についての知識が広がります↓

 

お金を生み出す文章術とは?

 

 

ハートに刺さる

この記事では、伝わる文章のことを刺さる文章と表現していきます。

 

・どういったものが刺さる文章なのか?
・どうやって刺さる文章を作るのか?

 

これらを今から解説していきたいと思います。

 

 

 

どういったものが刺さる文章なのか?

 

自分なりの「メッセージ」を込めることで、
刺さる文章になります。

 

僕の考えるメッセージというものの定義ですが、
自分の「意見」や「主張」が入っている文章のことです。

 

逆に、メッセージでない文章というのは、
どこかで読んだことをそのまま書いているもののことです。
例えば、本で読んだことをそのまま書くなどですね。

 

具体的な例を出すと、
「アフィリエイトは継続すれば稼げるようになります」というものがあります。
これはメッセージでは「ない」です。
当たり前のことを確認しただけで、読んでいるほうは退屈になってしまいます。

 

一方、これならどうでしょう、
「アフィリエイトの作業を継続するためには、
毎日の作業記録をつけて時々振り返りましょう。
自分の成長を実感できると続けられます」
これなら自分の意見の入ったメッセージです。

 

本で読んだことでもそのまま伝えずに、
自分の意見や主張を加えて発信する事でメッセージになります。
自分なりに工夫していることでもいいですね。

 

 

もう一つ重要なことは「ピントをあわせる」こと。

 

伝えたいことが広すぎると曖昧になってしまいます。
曖昧な内容ではぼんやりとして、相手に刺さらない文章になってしまいます。

 

「アフィリエイトは継続すれば稼げるようになります」
は広すぎて曖昧なうえに退屈ではないでしょうか?

 

「アフィリエイトの作業を継続するためには、
毎日の作業記録をつけて時々振り返りましょう。
自分の成長を実感できると続けられます」
のように、行動にフォーカスした、
ピントを絞った表現にすることで相手に刺さりやすくなります。

 

 

 

どうやって刺さる文章を作るのか?

 

「刺さる文章」を考えるために使える手法

 

その方法とは、「一歩掘り下げて考える」です。

 

「アフィリエイトは継続すれば稼げるようになります」
という情報発信、当たり前のことですし、
あなたがわざわざ記事にする必要がないと思います。

 

そこでもう一歩掘り下げて、
「では、どうすれば継続することができるのか?」
と考えてみてください。
そうすると様々な方法が思いつきます。

 

それを自分の言葉で発信することができれば、
それはメッセージとなり相手の心に刺さる文章となるのです。

 

 

 

「刺さる文章」にするためのさらなる方法

 

自分の「メッセージ」を見つけることができたら、
さらにもう一歩進んでそれを尖らせてください。

 

その方法とは、
「そのメッセージが、役に立つのか?面白いのか?を自問自答する」
ことです。

 

刺さるメッセージにするためには、

 

そのメッセージが、

 
・役に立つもの
・面白いもの

 

このどちらか、または両方が必要なのです。

 

自分にとって有益だから、面白いと感じるから、

自分の時間を割いてメッセージを読んでくれるのです。

 

 

最後にまとめますね。

刺さる文章を書くためには、

1.当たり前のことでも一歩掘り下げて、自分の意見や主張を盛り込んだ「メッセージ」にする
2.広くなりすぎないように「ピントを絞る」
3.その文章が「役に立つのか?面白いのか?」を自問自答する

この3つの事を意識していただくと、ハートに刺さる文章となります。

 

 

僕の「メッセージ」はあなたに刺さりましたか?

「ズッキューン!」と刺さったら押してください↓