keyboard-621832_640

今回は「反応を上げる文章術」という内容で書きたいと思います。

僕らはお客様に何らかの「反応」をしてもらうことが
最終的な目標になりますよね。

ではその「反応を上げる」ための文章を
どうやって作っていけばいいのかを
解説していきたいと思います。

 

 

 

1.一人にターゲットを絞って書く

 
こちらの記事にも書いていますが、
ブログでやってはいけない6つの間違い【3】

 
やはりターゲットを絞って記事を書くということが、
高い反応を得るためには必要なことです。

 

 
ターゲットが絞られていないと、
読者は自分に向けられた記事とは感じにくいため、
記事の内容が伝わりづらくなります。

 
ターゲットを絞るとそれ以外の人に伝わらないのではないか?
というとそうでもなかったりします。

 
たとえば、僕の場合は「40代・男性・会社員」がターゲットですが、
30代・男性・会社員」や「40代・女性・会社員」にも読まれたりします。

つまり属性の近い人には響くということです。

ターゲットを絞ることで読者が減るのではないかという心配は
無用ということですね。

 

 

 

2.メリット・デメリットを伝える

 
商品を販売するとして、
その商品のメリットを伝えることはもちろんですが、
悪い部分も伝えると信頼を得やすくなります。

 
人は商品を買う時に不安感を持ちます、
損をしたくない・失敗したくないと思うんですね。

あなたも心当たりがあるのではないでしょうか?

 
そのとき、いいことだけを伝えるのでは、
不安感は払拭(ふっしょく)されません。

本当にそんなにいいものなのかな?とお客様は疑います。

 
そこで商品の悪い部分(デメリット)も同時に伝えると効果的です。

 
注意点としては、悪い部分を伝えたあとに、
それを「解決」できる方法を伝えることです。

ただ悪い部分を伝えるだけでは、
それこそお客様は不安に思います(笑

 
解決法とセットで伝えることで、
お客様は安心して購入に進むことができます。

 

 

 

3.文章構成を工夫する

 
文章を組み立てるときに「たとえ」を入れるようにしてみてください。

読者は「たとえ」があったほうが内容をイメージしやすくなり、
文章を読み続けてくれやすくなります。

 
今読んでいる記事だけでなく、他の記事も読んでもらえるかもです。

逆に伝わりづらい文章だとそこで閉じられてしまう可能性もあります。

 
「ここは伝わりにくいのでは?」と思ったところは、
積極的にたとえ話を入れていきましょう。

 

 
まだ続きがあるのですが、
次回に後編として掲載したいと思います。

 

 
この画像を押してあなたも
ターゲット設定しちゃってください!
target