緊急速報です!

「正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換」
日本経済新聞 電子版より

ようやく政府が「正社員の副業を後押し」をはじめましたね。

賛否両論あるようですが僕は当然賛成です。

会社の給料だけでは生活が苦しくて副業しているのですから。

これで今まで副業をためらっていた会社員の皆さんが
アフィリエイト業界にも入ってくると思います。

初心者の方が増えるということですから、
今まで地道に実践してきた方にとってはチャンスですよね(*^^*)

特に僕らのような情報発信型アフィリエイターにとってはチャンスですよ。

頑張っていきましょう!

 

 

 

 

writing-1209121_640

今回は、
「アフィリエイトにおいての文章を書く目的とは」
という内容で書きます。

 

アフィリエイトにおいて文章を書く目的とは、
読んでくれている読者の「共感」を得ることです。

 

どんなに素晴らしいセールストークを展開できても、
共感してもらえなければあなたから商品を
購入していただける確率というのは
限りなく低くなってしまいます。

なぜかというと、
たいていその商品は他のアフィリエイターも紹介しているので、
同じ商品でもあたたを選んでもらうには、
あなたというキャラクターに共感してもらい
あなたから買いたいと思われる必要があるからです。

つまり、文章を書くときに相手に共感されることを
意識して書かなければ、
自分から商品を買っていただける確率は
限りなく低くなるといえます。

 

相手から共感を得るためには、
文章テクニックというものを
しっかり身に着けなければいけません。

では、どういった文章を書くのがいいか、
以下に書いていきます。

 

 

1.誰か一人を意識した文章

ターゲットにしている読者を一人にまで絞り込んで、
相手が「自分に対して言われている」と
感じるように書きます。

自分の大切な人に手紙を書くような感覚で、
心をこめて書くのが理想です。

 

2.誰が読んでも同じ理解ができる文章

10人が同じ文章を読んだときに、
10人とも同じ解釈ができる文章を
こここころがける。

そのためには、
・できるだけシンプルに書く
・書き終えた文章を誰かに読んでもらうのが理想的
・自分でチェックするなら少し時間を置いてから

 

3.見た目が整っている文章

一般的に文章というのは音読ではなく黙読されるもの。

黙読というのは頭の中で読むことですが、
その際には見た目というのが大事になってきます。

読むというよりも見るということを意識して
文章を書いてください。

 

難しい言葉や漢字を多用せずに、
読者に疲れを感じさせない目を止めさせないように
スラスラ読んでもらう。

目で見るわけなのでそこで目が止まってしまったら
その先を読んでもらえる確率が下がってしまうので、
最後まで一気にスラスラと読めるように書きます。

 

句読点をうまく活用して、
テンポよく読める文章を意識します。

 

あとは行間をあえて不規則にします。

文章を上から下まで行間を詰めて書いたり、
すべて1行あきで書くなどすると
読みにくくなってしまいます。

途中から別のことを書くときは
5行くらいあけるなどしてリズムをつけます。

 

 

以上、
「アフィリエイトにおいて文章を書く目的」
でした。
参考になりましたでしょうか?

 

 

 

クリックしていただけると更新の励みになります!
yubi